第二回目
~編集中



続きを読む
スポンサーサイト

始まってしまいましたosu! mapping講座第1回目です :)

osu!での基本言語は英語なので、mappingを始めたくても難しくて何を書いているか分からない!という事も多いかと思います。

既にいろいろな方がブログでmappingの初歩について書かれていますので、何番煎じだ!という感じではありますが、ブログのコンセプト(初心者の方がこのブログを見てEDITの初歩を学ぶ)的に外せない記事ではありますので、サラッと書いていきたいと思います。

1.曲の選択

EDITをする上で間違いなく重要な項目の一つです。
もちろん自分の好きな曲を選ぶのですが、注意点がいくつかあります。

・ mp3またはoggであること。また、ビットレートを192kbps以下にすること。

超重要です。osu!の現在のRanked規準に、ビットレートが192kbps以内にする、というものがあります。ちなみに間違ったmp3をアップロードしてしまっても、mp3を差し替える事は出来ます。しかし、ビットレートを変える(エンコードする)と、ほぼ間違いなくoffsetがずれます。ですので、mp3をosu!にインポートする前に確実に192kbps以下である事を確認しましょう。

・ BPMがある程度一定である事を確かめる。

BPMが2~3回変わる程度であれば、都度赤線(後述)を使い調整することで、mappingすることが出来ます。しかし、BPMが揺れ動く曲(生演奏、ピアノ曲など)は、mappingをすることは可能ですが、Rankedを狙うのであれば苦労すること間違いなしです。

BPMの計り方については、osu!Editer内の手動でtimingを計る機能を使う方法もあるのですが、私としては全自動でBPMを計測してくれる、BPM Analyzerというソフトを使う事をオススメします :)
このソフトを使うと、BPMが変動している曲でなければ大まかな値を計測してくれます(130.00、といったように綺麗に値が出ることもあれば、129.98、のように微妙に誤差が出ることも多々あります。)

offsetの計り方については、後述。



2.譜面の初期設定

サクサク設定していきましょう。

①osu!起動→EDIT
map1.jpg

②mp3をドロップmap2.jpg


③*****.mp3 not yet mapped みたいなのが出てくるのでクリック
map3.jpg


④初期設定画面が開きます
map4.jpg

ザッと上から説明します。

Artist
アーティスト名。 Ceuiとか、倉木麻衣とか。ここは日本語も使えます。ちなみに初音ミクの場合は、その曲を作った****Pとかsasakure.UKとかになります。

Romanised Artist
Ceuiだったらそのまま。 倉木麻衣だったら、Kuraki Maiになります。注意:Mai Kurakiとかにしない。

Title
曲の名前。Asphodelusとか、想像フォレストとか。日本語も使えます。

Romanised Title
Asphodelusだったらそのまま。 想像フォレストだったら、Souzou Forestになります。

Beatmap Creator
通常は自動的に入力されるので弄る必要はありません。他人のmapsetをパクった時に弄ったりします。

Source
譜面のソースを入れます。化物語の曲だったら、化物語。BMS作品だったらBMS。同人CDなどは大抵がソースなしです。ちなみに初音ミクの場合は、初音ミクではなく、ソースなしだったりNiko Niko Dougaと付けたりします。ソースに関しては慣例とかも多いので、自分の作りたい曲に近いと思われる譜面を参照してください!

Tag
vocaloid曲だったら、vocaloid、hatsune_mikuとか。なにかのアルバムに入っている曲なら、そのアルバム名などがTagに入ります。ゲストで難易度を作ってくれる人が居た場合には、ゲスト名もtagに入れます。タグに関しても慣例とかが多いので、自分の作りたい曲に近いと思われる譜面を参照してください!


一通り設定したら、OKを押しましょう。こんな感じの画面になると思います。
map5.jpg


⑤Timing Set up Panelを押すとこんな画面が出てくるので、Timing Pointsのタブを選択して、右下の+を押す。map6.jpg

赤線が追加されます。
map8.jpg 

⑦BPMとOffsetを入力。
map7.jpg 


では、BPMoffsetの設定について。
人によって色々な計り方があるので、あくまで参考程度にお願いします!

①まず、BPM Analyzerを使ってBPMを確認。

②BPMだけ入力したら、この画面までもどって、右上のBeat Snap Divisorを1/16に設定
map9.jpg 

③左側のCircleをクリック。曲を再生しながら、今です! と思ったところでクリックしてサークルを置きます。
map10_20140103055805422.jpg 

④サークルを置いた時間に焦点が合ってる事を確認。map11.jpg 

⑤Timing Set up Panelを再度開いて、Use Current Timeを押すと、現在焦点がある時間にoffsetをあわせます。
map12.jpg

こんな感じでoffsetを簡単に設定できます!
もしoffsetがずれてるな、って感じたら、Timing Set up Panelで微調整していきましょう。

スライダー速度(SV)の設定もしましょう。
map16.jpg 

Slider Velocityが高ければ高いほど、スライダーの速度が早くなります。
Slider Tick Rateはスライダーの中のメモリの密度を弄れます。0.5は現在Unrankebleです! 基本的には1か2を使います。
map17.jpg コレ。

offsetやBPMは後から弄ってもリカバリー可能ですが、SVは後から弄ると超めんどくさいです。最初にしっかり設定してしまいましょう!

最後にBGをセットしていきましょう。

BGに関しての注意点
・ 画像の大きさは、1024x768または1366x768にすること。
1024x768がStandard、1366x768がWide screenで許容されてるBGの最大の大きさです。このサイズ以下のBGならばRankableですが、あまりオススメしません!
 
・ ファイルの形式をjpgにすること。
pngだとやたらサイズが大きいのでjpgにすることをオススメします。
 
・ 18禁要素がある画像をBGにしない
禁止です!! ちなみにビジュアルノベルとかの動画をいれる場合も、18禁要素が入るとAUTOです。歌詞がヤバい曲の場合は、譜面のCreator wordに18+とか入れる必要があります。
 
BGを譜面にセットする方法は簡単です。
この画面で、セットしたいBGをドラック&ドロップすればOKです。
map14.jpg 

BGをいれるとこんな感じ
map15.jpg 


以上です!
うまく譜面の初期設定が出来たでしょうか・・・
おそらく抜けてる項目、わかりづらい部分等も多いと思いますので、なにか疑問点があったらゲーム内で気軽にPMどうぞ :3

続きを読む

今日から始めようosu!ブログ(にっこり)

EDITの勉強をたんたんとして行く予定です :)

(目標)初心者の人がmapping/moddingの初歩を理解出来るようなブログにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。